ホテイアオイの絶景course11

本薬師寺跡で「ホテイアオイ」を見て、古代のチーズのソフトクリームを味わい、美しい蝶と戯れるコースです。(プラン目安 3時間)

「本薬師寺跡」のホテイアオイ

「本薬師寺跡」のホテイアオイ

天武9年(680年)天武天皇が皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈願し、藤原京で建立されました。710年の平城遷都の際に、現在の西の京へ遷ったのが世界遺産寺院・薬師寺です。その跡地となる「本薬師寺跡」は、金堂の礎石や塔の心礎などが残され、国の特別史跡に指定されています。
夏には、周辺の休耕田を「ホテイアオイ」の美しいすみれ色の花々が埋め尽くします。その数、およそ1.4万株! 見頃は8月中旬~9月下旬ごろです。大和三山の一つ畝傍山を背景に広がる絶景をお楽しみください!

・住所:橿原市城殿町周辺
・お問い合わせ:0744-21-1213(橿原市魅力創造部産業振興課)
http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_nougyou/hanadayori/hoteiaoi.html

みるく工房飛鳥の「蘇蜜ソフト」

みるく工房飛鳥の「蘇蜜ソフト」

西井牧場の直営店となる「みるく工房飛鳥」は、牧場のソフトクリームをはじめ、低温殺菌牛乳「飛鳥の美留久(ミルク)」、飲むヨーグルト「飛鳥の酪」など、牧場ならではのしぼりたて牛乳やバターをふんだんに使用した製品を販売しています。
ユニークでお土産物としても人気なのが、古代のチーズを再現した「飛鳥の蘇(そ)」。かすかな塩気とともに濃厚でまろやかなミルクの味わいが広がります。蘇を超濃厚な蜜にしてトッピングした「蘇蜜ソフト」も絶品!他では味わえない逸品です。

・住所:橿原市南浦町877
・営業時間:10:00~17:30
・定休日:水曜日
・電話:0744-22-5802
http://www.asukamilk.com/

大人も楽しめる「橿原市昆虫館」

大人も楽しめる「橿原市昆虫館」

昆虫の生態や進化の歴史を、1000点を超える昆虫標本や化石標本で体感できる施設です。昆虫の生息環境をジオラマで再現した生態展示室では、カメラを操作して昆虫の目線を体験できる機能なども人気です。
1年を通じてヤシやハイビスカスなど亜熱帯の植物が咲き乱れる放蝶温室では、チョウたちが蜜を求めて飛び交う姿が間近に見られます。インスタ映えする写真も撮影できて、昆虫好きなお子さんはもちろん、大人も楽しめる施設です。

・住所:橿原市南山町624
・観覧時間:9:30~17:00(10月~3月は16:30まで)
・休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日休)、年末年始
・電話:0744-24-7246
・観覧料:大人 510円、高校生・大学生 410円、4歳~中学生 100円
https://www.city.kashihara.nara.jp/insect/

【感 想】

本薬師寺跡の周辺の休耕田に植えられた、約1.4万株もの「ホテイアオイ」を眺めてから、古代のチーズ「蘇(そ)」をトッピングに使ったソフトクリームを味わい、橿原昆虫館で美しい蝶と触れ合うコースです。 一面にすみれ色のホテイアオイが咲き誇る様子は絶景ですし、橿原昆虫館の放蝶温室では、美しい蝶や熱帯の花々が間近で観察できます。いずれもまさに“インスタ映え”スポットで、美しい画像がたくさん撮れるでしょう。 移動の合間には、ここでしか食べられないオリジナルのスイーツも。古都の夏をたっぷり満喫してください!