高取城跡ハイキングcourse6

“日本三大山城”に数えられる、国史跡「高取城跡」へのハイキングコース。壮大な山城のスケールが体感できます。(プラン目安 5時間コース)

〈A〉MICHIMOステーション橿原

〈A〉MICHIMOステーション橿原

〈B〉高取町・土佐街道

〈B〉高取町・土佐街道

高取城の城下町のメインストリートとして栄えた「土佐街道」。趣のある石畳の道沿いに、古い町屋が残っています。山上の高取城では日常生活が不便なため、藩主や家臣の屋敷が街道筋に建てられてました。毎年3月には「町家の雛めぐり」、10月には「町家の案山子(かかし)めぐり」が開催されています。

〈C〉猿石

〈C〉猿石

高取城跡への登山道の途中でふっと現れる、猿とも人とも見える不思議な石。飛鳥時代に作られたとされ、明日香村にも同種のものが遺されています。高取城を築城する際に、石垣に転用するために運ばれてきたと考えられています。

〈D〉高取城跡

〈D〉高取城跡

標高約584mの高取山にある山城跡。“日本三大山城”のひとつに数えられ、“日本100名城”にも選ばれています。かつては山上に白漆喰塗りの天守や櫓が29棟も並んでいましたが、現在は石垣を残すのみ。麓から約4kmの登山道をのぼってみると、壮大な石垣がいくつも見られ、スケールの大きさが体感できます。 ※山頂近くの「七つ井戸」側に、無料の駐車スペースがあります(3台程度)

〈E〉明日香のお風呂「太子の湯」

〈E〉明日香のお風呂「太子の湯」

明日香村の温浴施設です。ハイキングの汗を流せます。料金は、大人(中学生以上)500円、小人(小学生以下)300円。

【感 想】

“日本三大山城”のひとつに数えられ、“日本100名城”にも選ばれている、国史跡「高取城跡」。標高約584mの高取山にある山城跡で、現在は石垣を残すだけですが、そのスケールの大きさは十分に体感できました。 ハイキングコースは、写真を撮りながらゆっくり登って、山頂まで2時間弱。健脚な方であれば1時間ほどで登れるほどの距離です。MICHIMOを利用することで、山用の靴では歩きづらい舗装道路の移動を短くし、下山後には温浴施設にも立ち寄ることもできました。 また、MICHIMOに乗って土佐街道の古い町並みを走っていると、すれ違う人たちからの「可愛い!」という声が間近に聞こえてきて嬉しくなりました。駐車中にも地元の方々から何度も話しかけられたのも、楽しい思い出です!